TOPご利用案内お支払い方法よくある質問お客様の声カートを見る
 

もっと「クロムハーツ」を楽しむ為の、シルバーアクセ用語辞典!!





・ア ・カ ・サ ・タ ・ナ
・ハ ・マ ・ヤ ・ラ ・ワ
・モチーフ別解説

ア行


 
アイアンクロス

アメリカンバイカー向けのアクセやアパレル商品によく見られるモチーフ。クロスではあるが、キリスト教由来のものではなく、ドイツを中心に中世以来使用されてきた紋章であり、通常は鉄十字の意匠を象った勲章を指す。
IDブレスレット

「ID」とは身分証明のこと。プレート部分には持病やアレルギーなどを記し、緊急時に備えるものだった。クロムハーツではキヘイチェーンと組み合わせ、高級感のあるブレスレットに仕上がっている。
アンティーク 日本でいえば「骨董品」の意味。製造後100年を超えたものが「アンティーク」とされ、それ以下は「ジャンク」と呼ばれる。各ブランドで真鍮を使ったものやイブシを効かせた古美仕上げ等、アンティーク風アクセがよくみられる。
イブシ 専用の液体などを使い、立体感や重量感をだすため、シルバーをあえて黒ずませる加工方法。クロムハーツでは様々なアイテムにこの加工方法が持ち入れられ、クロムハーツのアイテムを象徴する一つのポイントとなっている。
腕(うで)指輪(リング)をはめる輪の部分のこと。英語でアームともいう。
エタニティ

「永遠」を意味する。クロムハーツでは美しい曲線やフローラルをあしらい、永遠に繋がる男女を表現している。


→「エタニティ」を含む商品を検索する←
エンゲージリング婚約指輪の意。
オペラ胸元あたりまでくる長さのネックレス。由来は夜会用やオペラ鑑賞に着る胸元の空いたドレス用に好まれて使用された長さから。

 

カ行


 
カービング 彫刻全般を指す単語。シルバーアクセではワックスや地金を掘り出すことを指す。
カットアウト ;主にそのブランドの得意とするモチーフや文字を切り抜いた加工を指して使う。
→「カットアウト」を含む商品を検索する←
K(カラット) 宝石の重量を示す単位では1カラットは 0.2グラムのこと。ゴールドでは純度を表す単位。24分率であらわされている。18K→純度75%。22K→純度91.7%
喜平(きへい)
チェーンあずき型の輪を90度ねじったチェーンのこと。名前の由来としては「喜平」という日本の職人さんが編み出した説と、アメリカの騎兵隊のサーベルについていた鎖から「喜平」になった説がある。喜平チェーンを使ったアクセサリーは、クロムハーツだけでなく多くのブランドが展開している。
キュービックジルコニア 二酸化ジルコニウムを主体にイットリウムなどを添加した人造石。透明でダイヤモンドに近い高い屈折率を有する。大量生産されるため価値は低いが充分な美しさを持つため安価な宝石としても利用される。
クラウン 王冠の意。
クラスプ

ネックレスやブレスレットを連結する留め具。クロムハーツのネックレス留め方やギミックは各商品ごとに異なっている。
クロス

シルバーアクセでは定番的モチーフ。単純な造形だけに各ブランドごとに多くのアレンジが存在する。


→「クロス」を含む商品を検索する←
ゴシック 中世ヨーロッパの美術形式を示す用語。シルバーアクセ界ではいち早くクロムハーツが取り入れ、ポピュラーなデザインスタイルとなった。
ゴールド(金) ゴールド(金)というものの価値は大抵の国家で認められており、現在でも金は憧れや投資の対象になっている。シルバーより価値が高く、ゴールドを用いたアクセサリーは高値で取引されている。
→「ゴールド(金)」を含む商品を検索する←

サ行


 
ジュエリー 宝石やゴールド、プラチナを使用したアクセサリーの総称。また、価値の高いハイエンドなアクセサリーに使われる場合も多い。
スカル

人間や動物の頭蓋骨を模したモチーフの総称。「死」や「生」を強く連送させる存在として多くのブランドが起用している定番モチーフであり、ブランドの数だけ表情が全く異なる。クロムハーツではfoti(フォティ)シリーズが有名。


→「foti(フォティ)」を含む商品を検索する←
スターリングシルバー シルバーアクセで最も使われており「シルバー925」と呼ばれる。シルバーの純度が92.5%を占める合金でシルバー本来の美しさと強度のバランスが良い素材。「(sterlingスターリング)」という単語は、「本物」や「信頼できる」というような意味があり、イギリスの銀貨が法定の純度を保っている意義から転用されたものである。
スワロフスキー ラインストーンで有名なクリスタル・ガラス製造会社。ラインストーン=スワロフスキーのイメージが強いため商品名と混同されがちなので要注意。一般的なラインストーンは安価なものであるが、スワロフスキー社製のクリスタルガラスのカッティング技術は非常に高く、高価となる。

タ行


 
チェーダ― 15世紀後半〜17世紀初頭までのイギリスの美術様式を模したアクセサリーのこと。クレイジー・ピック等イギリスのブランドに多く使われている。
チョーカー

語源は「首を絞める」という意味のチョークから。首にタイトフィットさせるネックレスの総称で、クロムハーツではペンダントトップにレザーブレード(革紐)が付属されたペンダントがリリースされている。
デフォルメ 本来の姿やモチーフを変形、シンプル化、特徴を誇張するなどし、表現する手法。
ドッグタグ

軍隊などで使用される個人認識票のこと。シルバーアクセでは単純にプレートタイプのペンダントを指す。


→「ドッグタグ」を含む商品を検索する←

ナ行


 
ネックレス

首に着ける装身具。高級品やブランド物もあり、男女問わず首飾りとして親しまれる。

→「ネックレス」を含む商品を検索する←

ハ行


 
バチカン ペンダントトップをチェーンなどに通す為のパーツ。
バングル ブレスレットの一種で留め金のない腕輪のこと。
ピンキーリング 小指用にデザインされた指輪。細見で小さめの作りから一見控えめな印象があるが、腕を上げる時等、小指が外側に来ることからアピール性が高い。
プレーン 掘り込みがなくシンプルで、シルバー(銀)本来の質感を生かしたものを指すことが多い。
ボールチェーン

名の通りボールを連結させたチェーンの総称。クロムハーツではチャームに付属されてるものが多く、 ゴールドメッキ加工をしたものや22Kゴールドを使用した高値のものがある。

→「ボールチェーン」を含む商品を検索する←
ポスト・キャッチ ポストはピアス本体の針部分。キャッチは耳の裏から留めるキャップ型のパーツ。

マ行


 
丸カン ペンダントトップとバチカンとの連結等、パーツ同士の連結などに多用されるパーツ。
モチーフ その作品のメインテーマとなるデザインのこと。クロムハーツではクロスやフレア、ダガーが特に有名。

ヤ行


 


フランス王家の紋章として特に有名な古典的モチーフ。クロムハーツではユリ(フレア)を真逆にした BSフレアモチーフのアイテムが高い人気を誇る。

→「フレア」を含む商品を検索する←

ラ行


 
ラグジュアリー 贅沢、豪華を意味する英語。宝石やゴールドを使ったアクセサリーを呼ぶことが多い。
レイヤード 重ね付け。シルバーアクセでは同じ指にリングを2個付けたり、1本のチェーンにトップを2個付けたりなど、コーディネートの一種として用いられる。
レリーフ 周囲を掘り込みメインのモチーフを浮かびあがらせる加工のこと。浮き彫り加工ともいう。

ワ行
 
ワックス シルバーアクセサリーにおける原型作成用の素材。

 
●CHクロス●

モチーフ名にクロムハーツの「CH」を冠した、正にブランドを代表するモチーフであり、サイズ違いやフィリグリークロス、セメタリークロスなどのデザイン違いや、モチーフと組み合わせた様々なバリエーションが多数存在する。
●ダガー●

ゴシックでいてハードな印象を持つダガーモチーフ。シルバーアイテムのみならず、ウォレッとやバッグなどの装飾に使われているなど、随所にこのモチーフがあしらわれている。複雑な造形でいて掘り込みもしっかりとなされているにも関わらず、他アイテムと比べると比較的安価なので、クロムハーツ初心者にもぜひおすすめしたいモチーフ。
●BSフレア●

フランス王家の紋章として特に有名な古典的モチーフ。確立したデザインのため、主にサイズ違いで展開されている。BSフレアの「BS」とはボーイスカウト(Boy・Scout)の頭文字をとったもので、ヘッドデザイナー リチャード・スタークがそのボーイスカウトの紋章をイメージしてデザインした為。
●ハート●

男性的な力強さと女性的な優しい雰囲気で、男女問わず人気のハートモチーフ。様々なブランドが展開しているハートモチーフであるが、クロムハーツではデザインの一部にフローラルをあしらい、オリジナリティの強いモチーフとなっている。
●スター●

星形では珍しい6角(通常は5角)の星形モチーフ。先端から中央に向かうラインはクロスモチーフに見られるものと同様。
●クロウ●

動物の爪をイメージしたモチーフ。単体でのアクセサリーは少ないが、マルチリンクやフレームドクロスチャームペンダント等にあしらわれている。
●ケルティック●

ケルト神話に出てくる伝説上の動物がモチーフとなっている。クロスなどと組み合わせたアクセサリーが販売されており、複雑な造形と相まって、独特の迫力を感じるデザインとなっている。
●スクロール●

波をイメージした曲線が美しく、女性にも人気のモチーフ。
●フローラル●

フローラル(花)をイメージしたモチーフ。上記のスクロールと同じく、曲線を用いて表現されている。CHクロスが中心に、フローラルをあしらった「フローラルクロスモチーフ」がデザインされたアイテムが定番。
●ダガーハート●

クロムハーツを代表するダガーモチーフがハートに突き刺さるデザインのダガーハート。直線と曲線が見事に合わさっており、通常のダガーモチーフよりもボリュームがある。
●セメタリー●

リチャード・スターク氏が、幼少に見た墓地をイメージして創られたモチーフ。CHクロスが幾重にも重なるデザインで、立体感のあるデザインとなっている。

ページトップへ